「宅地建物取引士としての今後の責任」をテーマとした座談会が開催されました

「宅地建物取引士としての今後の責任」をテーマとした座談会が開催されました

2015年4月1日

宅地建物取引業法が改正され、平成27年4月1日より、宅地建物取引主任者は「宅地建物取引士」に名称変更となります。

そこで、「宅地建物取引士としての今後の責任」をテーマに、大学教授、現場の営業マン、大学生等による座談会が開催されました。

座談会の概要はPDFファイルをご覧ください。

 

座談会(278KBytes)

お問い合わせ

徳島県宅地建物取引業協会