宅建試験情報

試験の概要

実施主体及び指定試験機関

この試験は、宅地建物取引業法の定めるところにより一般財団法人不動産適正取引推進機構が都道府県知事から委託を受け、各都道府県を試験地として実施するものです。

徳島県での事務は公益社団法人徳島県宅地建物取引業協会が行います。

試験の基準及び内容

宅地建物取引業に関する実用的な知識を有し、その知識が次の内容のおおむねに全般に及んでいるかどうかを判定することに基準を置くものとします。(宅建業法施行規則第7条)
試験の内容は、おおむね次のとおりです。(同第8条)
1. 土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
2. 土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
3. 土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
4. 宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
5. 宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
6. 宅地及び建物の価格の評定に関すること。
7. 宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

試験の一部免除 国土交通大臣の登録を受けた者(以下、「登録講習機関」という。)が行う講習を修了し、その修了試験に合格した日から3年以内に行われる試験を受けようとする者(以下、「登録講習修了者」という。)は、上記1及び5に関する問題が免除になり、出題数は45問となります。
試験の方法

50問・四肢択一式による筆記試験(登録講習修了者は45問)

全都道府県で同一の問題で同時に行います。

解答用紙はマークシート方式を採用します。

法令集・電卓等の計算機器類の使用は禁止します。

受験資格 年齢、学歴、国籍等の制約はありません。
誰でも受験できます。
※合格後、資格登録に当たっては、一定の条件(宅建業法第18条)があります。
試験日 毎年1回、10月の第3日曜日に実施します。
受験手数料 7,000円
合格発表 原則として、12月の第1水曜日又は11月の最終水曜日に、都道府県ごとに発表します。
※合格後、宅地建物取引士資格登録手続きは、都道府県の宅建業法主管課にお問合せください。
実施公告等 原則として、毎年6月の第1週の金曜日に、次の方法により発表します。
(1)官報への掲載
(2)一般財団法人不動産適正取引推進機構ホームページへの掲載
問い合わせ (公社)徳島県宅地建物取引業協会
徳島市万代町5丁目1-5
TEL 088-625-0318